豊島区の出張写真撮影

豊島区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 豊島区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは豊島区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 豊島区

●豊島区の概要
東京23区の西北部に位置する。池袋駅を中心とする副都心を擁し、高級住宅地の目白や、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨などがある。文教施設としては立教大学、学習院大学、東京音楽大学、帝京平成大学、大正大学などがある。また、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や、慈眼寺、染井霊園などもある。なお、「豊島」という町名は豊島区にはなく北区にある(豊島 (東京都北区))。遊園地の豊島園も豊島区ではなく、練馬区にある。

 

1965年の国勢調査の結果、日本一の人口密度の自治体になった(前回調査までの1位は東京都台東区)。2005年の国勢調査では、東京都中野区に次いで国内第二位となったが、2010年の調査で再び人口密度日本一となった。

 

●区の沿革
1889年5月1日 町村制施行により、北豊島郡巣鴨町・巣鴨村・高田村・長崎村が発足。
1918年7月20日 巣鴨村が町制施行し西巣鴨町となる。
1920年4月3日 高田村が町制施行。
1926年10月1日 長崎村が町制施行。
1932年10月1日 巣鴨町・西巣鴨町・高田町・長崎町が東京市に編入、4町の区域をもって豊島区が発足。
1943年7月1日 東京都制施行により東京都豊島区となる。
1947年5月3日 地方自治法施行により特別区としての豊島区が発足。

 

●地名の由来
色の塗られた地域がかつての北豊島郡。そのうち、青色の部分が現在の豊島区。北豊島郡に属する4つの町が合併して東京市に編入されるときに、郡名からこの名前が採用された。ただし、豊島区の前身である4町は北豊島郡の一部に過ぎず、元々の北豊島郡は現在の北区から練馬区にかけての広い範囲を含んでいた。本来の郡の中心地は板橋町であったが、東京市に隣接する4町が郡内で最も発展した地域であったため、4町の区域が「豊島区」と名付けられた。

 

●東京の北のシンボル
豊島区は、都心部の4大繁華街「池袋」「新宿」、「渋谷」「銀座」の一つ、「池袋」を擁しており、北辺の繁華街であることから埼玉県、東京都北西部、北東部まで巨大な商圏を形成している。 近年は、副都心線などの開通により各繁華街の連絡がより密になり、常に発展、変化し続ける東京のシンボルの一つとなっている。

 

●町丁
池袋、池袋本町、要町、上池袋、北大塚、駒込、巣鴨、千川、雑司が谷、高田、高松、千早、長崎、西池袋、西巣鴨、東池袋、南池袋、南大塚、南長崎、目白